読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリケン君と大金持ちになるための「黄金ルール」を学ぼう!

とある成功者から学んでいる「黄金ルール」。その学びや気づきを、みなさんに広めていきます。みんなで一緒に大金持ちになりましょう!

不安の取り扱いについて

みなさんこんにちは、ビリケンくんです。

 

今日は変化に伴う不安の話です。

 

僕たちは、何らか変化をすると、なんだかよく分からないけれど、不安になります。

 

たとえば、「私の夢は、豪邸に住んで、毎日好きなだけ豪遊して、お姉ちゃんをはべらせて(←下世話だ!)、お金もしこたまあって、そういう毎日を過ごしたい!」という人がいたとします。

 

そこに魔法使いがやってきて、「はい!はい!願いを叶えましょう!」と言って、一瞬でそういう状態になってしまったとしたら・・・、望んでた状態だとしても、確実にそわそわして、不安になり始めます。

 

「・・・なんで突然こんな風になったんだ!?」

「こんな状態が長続きするはずがない」

「ははん、そもそもこれは何かのワナかもしれない!?」

「そうだ、きっとワナに違いない!」

「どうすればいいんだろう???!!!」

「おかーちゃーん!」

 

という感じです。そうして、不安になって、なんだかバタバタしているうちに、その不安が増幅されて、不安が不安を呼び、イメージしたものが現実になるという、前回記事にした引き寄せの法則にしたがって、結果としてより不安な状況を引き寄せる。

 

そんな奴おれへんやろ〜(By大木こだま・ひびき

 

と思うかもしれませんが、現実に宝くじで大金をいきなり手に入れた人は、必ずしも幸せな人生を歩んでいない人がたくさんおられます。

 

「宝くじの高額当選者の内、70%の人が5年後にすべてを失う」という研究もあるそうです。

 

良い方向にせよ、悪い方向にせよ、人というのは、変化を嫌うのだと思います。とにかく変化がきらい。

 

なぜなら、今がどんなに嫌な状況であれ、抜け出したい状況であれ、とにかくこれまでその状態で生きてきたので、潜在的「今のままの方が安全」と思っているようです。

 

だから、突然変化すると、どんなに望んでいる状態が訪れても

 

「え!え!?大丈夫なの?本当に大丈夫なの?!」

「おかーちゃーん!」

 

となってしまいます。

 

ここで、大切なのは2つだと思います。

 

ひとつは、最初の変化は小さく、でも確実に起こす。

 

僕の師は、様々なビジネスに精通していますが、やはりいきなり大成功するようなものは教えません。

 

小さくコツコツと確実に進んでいくビジネスです。

 

「コツコツは勝つコツ」なのだそうです。コツコツと小さな変化を積み上げると、知らない間にとんでもないところにたどり着いている。

 

イチロー選手の名言にも「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」というのがあります。

 

これは、千里の道も一歩からという意味と、もう一つは、一歩一歩積み上げないと、いきなりゴールにたどり着こうとすると、つぶれますよという意味も含んでいるのかも知れません。

 

小さく始めるけれど、その一歩は確実な前進。これを続けると、進んでる感があるから、どんどん幸せになっていく。

 

もうね、できることしか人間できませんからね。「できないこと」が「できる」と言っている人がいたら、その人はちょっと、ややこしい人ですね(笑)

 

そして、もうひとつは、不安になったら、不安な気持ちと真剣に向き合うということだと思います。

 

不安な気持ちなんて、毎日、四六時中発生します。そうでないと困るからですね。身の安全を守るために不安な気持ちは起こります。

 

その時に、その不安に振り回されるのではなくて、「この不安は何から来るんだろう?」と不安に付き合ってあげることが大切なのだと思います。

 

そうすると、その不安は意味のある不安なのか、意味なく単に変化を恐れるだけの不安なのかがわかってくる。

 

その時には、「はいはい、今までの自分を守ってくれてありがとう、でももう、この不安は出てこなくても大丈夫ですよ」と思ってあげればよい。

 

そうなるためには、やっぱり不安を感じきることが大事だと思います。

 

安心と油断は違うと思うのです。

 

安心というのは、上に書いたように、不安を感じきって、不安を自分の中できちんと意味づけて、自分から能動的に得ていくこと

 

油断というのは、不安が起こったとしても「まあ、大丈夫だろう」と思って、そのまま放置している受動的な状態。

 

後者は確実にどこかで破たんをきたすと思います。

 

なので、能動的に「安心」を実現していく。そのためには、やはりコツコツやることが大事なのかもしれません。

 

コツコツというと、なんだかとっても、毎日苦しいことを続けるイメージがあるかも知れませんが、楽しいコツコツならば、毎日その一瞬一瞬が幸せをかみしめて歩むことになります。

 

みんなで楽しいコツコツを重ねて行きませんか?

 

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

 

楽しいコツコツにつながる、お茶会も開催しています。